All posts by Declan Somers

Seibo Activity Report: September-October 2020
公開日:2020.10.29





</p> <p>


 

info@seibojapan.or.jp
www.seibojapan.or.jp
tel : 090-3426-0734
Seibo Activity Report: Sep-Oct 2020
September-October   NEWSLETTER
 

ABOUT         ACTIVITIES        Contact
Dear Seibo Supporters,

A glimmer of hope. On the 12th of September schools in Malawi re-opened and will remain open until the end of school term in December on a trial basis. During this time Seibo have been asked to continue providing ‘take-home’ food packs while the safety of returning to schools to cook is assessed.

Thanks to the kindness of Seibo supporters in Bulgaria, the UK & Japan our team have been busy providing families of each nursery & primary school student with 'take- home' packs. Ensuring every child gets a pack of their own is our priority and an honour made possible by your donations.

To provide food to everyone involves verifying information provided by parents with information registered at schools and must be carried out in the presence of Health Surveillance assistants and with assistance from the Malawi Red Cross and Seibo volunteers. In October alone the distribution of food packs at partner primary schools took 6 days to complete. Challenges were immense with many instances of undocumented learners and incomplete school records but no child was left behind- thanks to you!

We will continue to post stories from Malawi on the Seibo Japan Facebook page but words alone are not enough to portray the challenges that face the children of Malawi during these unprecedented times. Your contributions have saved lives and we are grateful as always but equally aware that more must be done. If you can help your donation no matter how small will make a huge difference.

Mary & Violet- The Story of Two Sisters

Violet & Mary have 4 children each attending St. Paul’s Primary School in Mzimba. Both ladies run small businesses, selling charcoal and tomatoes respectively. Violet’s husband has left to find work in South Africa while Mary’s husband sells fruit. The two households are reliant on their pooled income as Violet’s husband has yet to find work. Being able to provide their children with porridge in the morning lessens the burden and enables their children to concentrate at school. Mary added, ‘we pray for the availability of resources so you may continue doing this work’.

'You are feeding the hungry' 
 
Monthly Milestones
Schools in Malawi closed since March re-opened on the 12th of September!
Over 6 days in October in collaboration with the Malawi Red Cross we distributed over 60,000 kgs of food in 'take-home' packs
Seibo supplied 1,815 kgs of emergency food rations to assist the work of the children's ward of Mzimba District Hospital
Parents of 808 nursery school children have received over 4,000 kgs of 'take-home' food packs and distribution continues
EO logo
EO logo
EO logo
A Time of Need
Our mission is to provide every hungry child a hot meal at school.  We rely on our donors and corporate sponsors to fulfil this mission and without your help we could not have achieved any of this.

In the words of Mrs. Theu;
'“This is a blessing I never expected. You are feeding the hungry. May the good Lord bless you for what you are doing for us. Words fail me to express how happy I am for this.”

The months ahead will be some of the most challenging Malawi has ever faced and we will need your support more than ever.  

 

Email : info@seibojapan.or.jp     
Room B Floor 4 Miyata Bldg 2-23-7 Kouraku
Bunkyo-ku, Tokyo Japan 112-0004
facebook facebook facebook facebook

This email was sent to *|EMAIL|*

why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences

*|LIST:ADDRESSLINE|*

*|REWARDS|*


せいぼ活動報告 09-10.2020
公開日:2020.10.29





</p> <p>


 

info@seibojapan.or.jp
www.seibojapan.or.jp
tel : 090-3426-0734
せいぼの活動レポート: 2020年9月~10月
9月~10月のニュースレター
 

ABOUT         ACTIVITIES        Contact

ご支援を頂いている皆様へ
9月12日に、マラウイは学校を再開させました。一つの学期が終わる12月までは、実験的に学校は閉鎖せず、継続をしていく意向で、現地は動いています。一方で、せいぼの家庭訪問による給食提供は、現在でも必要とされています。理由としては、現在でも学校に集まり食事を作る上での安全性が、十分確証されていないからです。そんな中でも、こうした「希望の光」が見えてきたことを、とても嬉しく思います。

日本、英国、ブルガリアの支援者によって、せいぼの現地スタッフは、日々忙しく、給食支援に取り組むことができています。幼稚園と小学校に通っている子供たちの家庭に訪問し、食事を提供することで、日々の暮らしの支えができていること、そしてそれが皆さんの支援によって実施できていることに対して、感謝の気持ちでいっぱいです。

こうした食事提供を、適切に、そして安定して実施するためには、各家庭からの情報が欠かせません。そして現地の保険機構の助けとMalawi Red Crossとの協働、そしてせいぼのスタッフの働きが、それらを整えるために必須となります。そして、現地のボランティアの働きは、とても大きいものです。
10月おいて、パートナーの小学校全てに給食を配分するのに、およそ6日間がかかりました。こうした多くの人々を支える責任の中でも、学習の遅れがある子供たちなどを助けながら、私たちは誰も取り残すことなく、先に進んでいかなくてはいけません。

私たちは、今後も特にせいぼのFacebookにて、現地の進捗について、情報を発信していきます。今後も同じく大きな課題を抱えながら、乗り越えていき、成長をしていければと思います。皆さんの支援もお待ちしております。

メアリーとバイオレット– 二人の姉妹の物語

バイオレットさんとメアリーさんは、北部ムジンバのセントポール小学校に4人の子供を持つお母さんです。二人はそれぞれ小さな仕事を持っていて、木炭とトマトを売っています。バイオレットさんの旦那さんは、南アフリカに仕事を見つけるために出てしまっています。メアリーさんは、フルーツも売って仕事をさらに展開しています。

二人の家庭は、旦那さんが家に戻って来ない限り、二人の収入が生活に頼りとなります。そのため、朝食に給食が支給されることは、大きな負担の軽減になり、子供たちが学校での学習に集中できる環境を作ることにも繋がっています。メアリーさんは、自分たちだけではなく、多くの人がこうした給食支援を受けられるように願っていると、お話をしてくれました。

「空腹の子供たちを助けたい」 
 
今月の主な達成事項
3月から閉鎖となっていた学校が、9月12日から再開となりました。
60,000kgの給食を、10月の間の6日間で、Malawi Red Crossとの協働の元、北部の小学校に配布をすることができました。
北部のムジンバ地区病院の子供病棟に、1815kgの給食を、緊急支援として提供しました。
南部の幼稚園の保護者808人が、4,000kgの給食の提供を受けました。
EO logo
EO logo
EO logo
支援の必要な時
私たちの使命は、全ての空腹の子供たちに、給食を届けることです。私たちは、皆さんの支援によって、この使命を果たすために活動をしています。

Mrs. Theuの言葉;
「せいぼのこうした働きは、今後も進められるべきで、言葉に表せないほど、感謝をしています。これからも、活動が祝福されるように、応援しています。」

今後の数か月も、大きな試練が待っていますが、皆さんの支援で乗り越えていければと思います。これからも、どうぞよろしくお願いします。
 

Email : info@seibojapan.or.jp     
東京都文京区後楽2-23-7宮田ビル4階B室 NPO法人せいぼ
facebook facebook facebook facebook

This email was sent to *|EMAIL|*

why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences

*|LIST:ADDRESSLINE|*

*|REWARDS|*


せいぼ活動報告09-10-2020
公開日:2020.10.29

2020年9月~10月:マラウイの最新情報

Our Seibo HQ in Malawi
公開日:2020.10.26

私たちは、東アフリカのマラウイの給食支援をするために、日本で活動をしています。
しかし、遠く離れたマラウイのために、日本で活動し、資金を集めていることもあり、
実際にどのように寄付額が使用されているのか、活動費用はどのように賄っているのかなど、
多くの質問を受けることも確かです。

私たちの収益について
私たちの活動で得た収益は、90%以上、マラウイに送金をしています。
現地では、パートナーのスタッフによって、幼稚園、小学校への給食が配られています。
学校給食は、子供たちが学校に通うためのきっかけになり、将来に繋がる大きな力を持っています。

それでは、その残りの金額は、どのように使用されているのでしょうか。
私たちは、日本の団体であり、その社会問題にも目を向けています。
放課後に、子供たちを集め、都内で食事の提供、宿題のサポートなどの場所を提供している、
ある団体に対しても、せいぼは支援をしています。

そして、皆さんの疑問に浮かぶもう一つのことは、職員の給料だと思います。
そして、人件費に加え、活動費用などを賄っているのかという疑問も、当然生まれると思います。
それらは、私たち国際ドナーであるモベルという英国の通信会社によって、負担されています。
この協力体制によって、私たちは活動をした結果、100%を現地に送ることができます。

せいぼのマラウイ本部について
2018年に、せいぼのオフィスは、南部のブランタイアという都市のチロモニ地区に新たに建設されました。
また、もともとオフィスがあった場所は、
PLOT220という現地の新たな建設計画のために使われることになりました。
こうして、せいぼの本部も立て替えも、モベルの支援によって実施され、
新たなステージに進むことができました。

Seibo Malawi Headquarters

Sustainable Development Goals
まだまだ、活動には実施すべきことはたくさんあります。
しかし、現段階でも、多くの進歩があり、日本で言うSGDsの目標にも、大きく関連性があります。
マラウイの小さな地区であるチロモニ地区でも、大きな社会的な変革が行われています。
そのSDGsは、以下のようなものが含まれていると言えます。

Goal 6: 「安全な水とトイレを世界中に」
Goal 7: 「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」
Goal 10: 「人や国の不平等をなくそう」
Goal 11: 「住み続けられるまちづくりを」
Goal 17: 「パートナーシップで目標を達成しよう」

以上で紹介している、モベル全体のプロジェクトについては、こちらからご覧いただけます!

Seibo Activity Report: March-April 2020
公開日:2020.04.28





</p> <p>


 

info@seibojapan.or.jp
www.seibojapan.or.jp
tel : 090-3426-0734
Seibo Activity Report: Mar-April 2020
March-April   NEWSLETTER
 

ABOUT         ACTIVITIES        Contact
Dear Seibo Supporters,

Times of crisis require a reaction. In Malawi park rangers tell a story, perhaps apocryphal, of rhinos being the only animal to react to bush fires not by running away but by running headlong into the flames using their feet to stamp out fires. We see the same bravery in our own countries- front-line medical & care workers with limited protective equipment holding the line against COVID-19. In Malawi however the fight is further complicated by poverty. But react we must. Since March 23rd schools in Malawi have closed but our team in Malawi continue to provide food for those in need. Prioritising the most vulnerable nursery school children we have switched from school to home feeding & are in the process of organising food parcels for primary schoolers. While we hope and pray that Malawi can avoid the fate of other countries we also need to react to an unfolding crisis and welcome all the help we can get.
To help Malawi in its time of need you can choose to donate or order a subcription of tea/coffee from our 100% donation website: www.warmheartscoffeeclub.com
Zikomo!

A Welcome Hot Meal- thanks to you!

Before schools closed and an indefinite lockdown announced Seibo Malawi allocated 6 x new 'Seibo Kids' beneficiaries to partnering nursery schools.

These children, deemed by their own communities to be most vulnerable are now receiving vital food packs at home. In addition to 20 kgs of food stuffs Seibo are also providing beneficiary families with Dettol tablets for hand-washing as well as bars of laundry soap as preventive measures against the virus.

From School to Home Feeding in Malawi
 
Monthly Milestones
In March we provided school meals to 13,653 primary school kids & 1,367 nursery school children.
On the 20th of March we organised a Parenting Forum for families of Seibo Kids on necessary parenting skills
On the 20th of March a Presidential decree ordered all schools to close on the 23rd of March- Seibo switched to home feeding starting with food packs for the most vulnerable.
EO logo
EO logo
EO logo
Email : info@seibojapan.or.jp     
Room B Floor 4 Miyata Bldg 2-23-7 Kouraku
Bunkyo-ku, Tokyo Japan 112-0004
facebook facebook facebook facebook

This email was sent to *|EMAIL|*

why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences

*|LIST:ADDRESSLINE|*

*|REWARDS|*


せいぼ活動報告 03-04.2020
公開日:2020.04.28





</p> <p>


 

info@seibojapan.or.jp
www.seibojapan.or.jp
tel : 090-3426-0734
Seibo Activity Report: Mar-April 2020
March-April   NEWSLETTER
 

ABOUT         ACTIVITIES        Contact
Dear Seibo Supporters,

Times of crisis require a reaction. In Malawi park rangers tell a story, perhaps apocryphal, of rhinos being the only animal to react to bush fires not by running away but by running headlong into the flames using their feet to stamp out fires. We see the same bravery in our own countries- front-line medical & care workers with limited protective equipment holding the line against COVID-19. In Malawi however the fight is further complicated by poverty. But react we must. Since March 23rd schools in Malawi have closed but our team in Malawi continue to provide food for those in need. Prioritising the most vulnerable nursery school children we have switched from school to home feeding & are in the process of organising food parcels for primary schoolers. While we hope and pray that Malawi can avoid the fate of other countries we also need to react to an unfolding crisis and welcome all the help we can get.
To help Malawi in its time of need you can choose to donate or order a subcription of tea/coffee from our 100% donation website: www.warmheartscoffeeclub.com
Zikomo!

A Welcome Hot Meal- thanks to you!

Before schools closed and an indefinite lockdown announced Seibo Malawi allocated 6 x new 'Seibo Kids' beneficiaries to partnering nursery schools.

These children, deemed by their own communities to be most vulnerable are now receiving vital food packs at home. In addition to 20 kgs of food stuffs Seibo are also providing beneficiary families with Dettol tablets for hand-washing as well as bars of laundry soap as preventive measures against the virus.

From School to Home Feeding in Malawi
 
Monthly Milestones
In March we provided school meals to 13,653 primary school kids & 1,367 nursery school children.
On the 20th of March we organised a Parenting Forum for families of Seibo Kids on necessary parenting skills
On the 20th of March a Presidential decree ordered all schools to close on the 23rd of March- Seibo switched to home feeding starting with food packs for the most vulnerable.
EO logo
EO logo
EO logo
Email : info@seibojapan.or.jp     
Room B Floor 4 Miyata Bldg 2-23-7 Kouraku
Bunkyo-ku, Tokyo Japan 112-0004
facebook facebook facebook facebook

This email was sent to *|EMAIL|*

why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences

*|LIST:ADDRESSLINE|*

*|REWARDS|*


せいぼ活動報告03-04-2020
公開日:2020.04.28

2020年3月~4月:マラウイの最新情報

Seibo Activity Report: Jan – February 2020
公開日:2020.03.16





</p> <p>


 

info@seibojapan.or.jp
www.seibojapan.or.jp
tel : 090-3426-0734
Seibo Activity Report: Jan-Feb 2020
Jan-Feb  NEWSLETTER
 

ABOUT         ACTIVITIES        Contact
Dear Seibo Supporters,

The early months of 2020 have been challenging to say the least. In Malawi our team continue to ensure children going to school get at least one hot meal a day. With increased enrolments at both primary schools & nursery school levels we continue to feed the poorest of the poor. As applies to everything in life we can’t do this alone. Your continued support is even more appreciated at this time

Double Helpings- Twins go to Nursery (Pt.2)

An additional 7 small children received a free nursery place at the end of February thanks to the Japan-funded Seibo Kids programme! Bringing the total of full scholarships to 62!

The above cuddly pair- Takondwa & Tayamika born May 2017- began nursery at 2 years & 9 months at a height of 87cms each. With a guaranteed hot meal daily and access to pre-school education we're confident these two have a great life ahead of them!

Home Visits for Kids in Need of Intervention
Previously we reported Food Packs were donated to families of the most needy Seibo Kids. In follow up Seibo Malawi conducted a nutrition assessment on 55 kids in January. The result:
– 9 kids were deemed to be moderately underweight
– 4 kids severely underweight
– 2 kids were moderately 'wasting'

This verified that in far too many cases the meal at nursery school was the only meal these kids were eating. As a result we gave an additional 20kgs of foodstuff to their families and will continue to monitor the children's progress. In addition to the 20kgs of 'phala' the children deemed to be severely underweight also received 'Ready to use' therapeutic food which will be provided every 2 x weeks. After the first interval of 2 x weeks we can report that 2 x children showed signs of initial improvement and we are hopeful for the others. The meals you help provide are vital to young lives. 
Caregivers Competition!
Chisomo CBCC – 1st Place in Schools Section 
Chilingani CBCC- 1st Place in Caregivers Section

To encourage and to celebrate the hundreds of Malawian volunteers in schools across the country we held our 1st Caregivers Competition in February. The areas of consideration were Hygiene, Attendance & Record Keeping. Prizes ranges from Steel Buckets & small chairs for nurseries to soap bars & local 'chitenje' cloth wraps

 
Monthly Milestones
Enrolment figures at Seibo Primary Schools up to 13,653 in February at 12 x schools
Enrolment figures at Seibo Nursery Schools up to 1,274 in Feb at 35 x nurseries
62 x nursery kids on nursery scholarships thanks to YOU!
Results of Nutrition Assessment on most vulnerable under-5's
EO logo
EO logo
EO logo
Feeding Tokyo
Our mission is to provide every hungry child a hot meal at school. Japan is not an obvious place to start our mission or even a country in great need of help. However when we were approached to assist an existing after-school programme providing food aid to needy children in a Tokyo suburb we secured funding from a corporate donor and the agreement of our Directors and are just happy to be able to assist. For more details check our website: www.seibojapan.or.jp/news
Mzimba Trip
January 2020

Held a community meeting at Kazomba school for 77 people to discuss topics ranging from procedures of phala cooking to using rocket stoves. 



 

Email : info@seibojapan.or.jp     
Room B Floor 4 Miyata Bldg 2-23-7 Kouraku
Bunkyo-ku, Tokyo Japan 112-0004
facebook facebook facebook facebook

This email was sent to *|EMAIL|*

why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences

*|LIST:ADDRESSLINE|*

*|REWARDS|*


せいぼ活動報告 01-02.2020
公開日:2020.03.16

2020年1月~2月:マラウイの最新情報

せいぼ活動報告 01-02.2020
公開日:2020.03.16





</p> <p>


 

info@seibojapan.or.jp
www.seibojapan.or.jp
tel : 090-3426-0734
せいぼ活動報告 :
2020年1月~2月
1月~2月のニュースレター
 

ABOUT         ACTIVITIES        Contact
せいぼを応援して下さる皆様へ

2020年はまだ入ったばかりですが、私たちは現在も、多くの試練を経験しながら、毎日少なくても、一人ひとりの子供たちが、必ず給食を摂ることができるように、意識しながら活動をしています。日々、幼稚園、小学校の生徒の登録数は増えており、給食を本当に必要としている子供たちに、それらを届けることができています。私たちだけでは、この活動を続けていくのは大変ですが、皆さんのおかげで、ここまで来ることができています。心から、感謝申し上げます。

双子が保育園へ入学!

2月の下旬に、既存の子供たちに加え、7人の子供たちが保育園に無償で通うことができるようになっています。日本の支援によって、成り立っている、せいぼの実施する最貧困の子供たちに対する支援は、現在62人の子供たちに対して広がりを見せています。

上の写真の二人は、TakondwaとTayamikaという名前で、2017年5月に誕生し、現在2歳9か月です。身長は、87cmまで伸びました。せいぼが毎日給食を与えることで、この二人がここまで成長してくれたことは、せいぼの大きな誇りでもあり、皆様への感謝の現れでもあります。

援助が必要な家庭の訪問
以前の活動報告において、せいぼキッズの一部の家族に対して、緊急の処置として、食事の提供を実施した旨をお伝えしました。また、現地のせいぼスタッフは、55人の子供たちについて、栄養状態の調査を実施しました。以下で、結果について、ご共有ができればと思います。

– 9人の子供たちが、低体重の状態。
– 4人の子供たちが、深刻な低体重の状態。
– 2人の子供たちが過度に栄養が取れていない状態。
こうした結果を得て、多くの子供たちが、せいぼが提供する給食のみが、彼らの一日の食事となっていることが分かります。
そこで、さらに20kgの食事を、以前緊急対応した家族に対して、追加として提供をし、その後も該当の子供たちの栄養状態の管理を行っていく予定です。さらに、過度に栄養失調が考えられる子供たちに対しては、20kgの食事の特別な提供に加え、治療として、栄養となるものを提供しています。2週間に1回のペースで、今後も、栄養失調の回復のために、提供していく予定です。その結果、最初の2週間の経過を観察したところ、該当の子供たちが、少しずつ回復が見られています。給食は、子供たちの命の救いとなっていきます。

保育士の協働と競争!
チソモ CBCC – 学校分野での1位を獲得!
チリンガニ CBCC- 保育士分野での1位を獲得!

国中で働いてくれている何百人ものボランティアを活気づけていくために、第一回保育士大会が開かれました。取り扱った分野は、「衛生管理」で、その状態について、競い合いました。賞品は、スチール製のバケットや、保育園で使用する椅子、さらには、石鹸や現地のチテンジの布でできたグッズが手渡されました。

 
今月の進捗について
13,653人の12校に通う子供たちが、小学校でせいぼの給食支援を受け、勉強することができています。
1,274人の子供たちが、せいぼの給食支援を受けて、35校の保育園に通っています!
62人の子供たちが、せいぼの特別支援を受けて保育園に通うことができています。せいぼキッズは、皆さんのおかげで増えています!
5歳以下の最貧困の子供たちに対して、栄養管理調査を実施しました。
EO logo
EO logo
EO logo
東京の子供たちの支援
私たちの使命は、全てのお腹の空いている子供たちに対して、給食を与えることです。日本は、目立った貧困が見られないですが、学校の放課後に、食事の場所を必要としている子供たちが多くいるのが現状です。現在も、せいぼの理事たちの賛同のもと、私たちが日本の子供たちのへの支援も行い、日本のNGOとして、活動を進めていきます。
ムジンバの訪問
2020年1月

カゾンバ小学校では、77人の関係者とともに会議を開き、現在あるパーラーの調理方法や、ロケットストーブの使用方法について、検討しました。



 

Email : info@seibojapan.or.jp     
東京都文京区後楽2-23-7宮田ビル4階b室
facebook facebook facebook facebook

This email was sent to *|EMAIL|*

why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences

*|LIST:ADDRESSLINE|*

*|REWARDS|*


せいぼ活動報告 10-12.2019
公開日:2020.02.25

2019年10月~12月:マラウイの最新情報

せいぼ活動報告 10-12.2019
公開日:2020.02.25





</p> <p>


 

info@seibojapan.or.jp
www.seibojapan.or.jp
tel : 090-3426-0734
せいぼの活動報告: 2019年10月~12月
10月~12月 ニュースレター
 

ABOUT         ACTIVITIES        Contact
せいぼを応援して下さる皆様へ
2020年2月11日、せいぼは4周年を迎えました!
皆さんもご存じの通り、初期の際は子供たちは給食を十分に取り、栄養を付け、
学校の授業に参加することが難しい時期もありました。
しかし、4年間の活動の実りがあり、現在はマラウイでは約15,000人の子供たちに給食を届け、
さらは東京の子供たちの放課後の食事のためにも、一部支援を拡大しています。
ここまで成長ができたのは、皆様のサポートのおかげです。
今後も、マラウイ、そして日本に給食、教育、そして愛情を届けるため、
活動を展開していきます!どうぞよろしくお願いします。
双子の子供たちが揃って保育園へ!

6人の子供たちが、日本の援助によって、
フリースペースで経営されている保育園で、
勉強し、給食を取ることができています。

写真の可愛い双子は、2017年の5月に生まれ、
今年10月に保育園に通い始めています。
普段木炭を売る仕事をしている彼らのお母さんは、
長時間労働なども問題もあり、
二人の子供を保育園に預けるのに、
苦労していましたが、
現在は二人とも、安全に保育園に通っています。

臨時の緊急支援活動
1月~4月は"Hungry Season"として知られ、
マラウイでは飢餓に陥る子供が増えてしまいます。
せいぼはこの時期に保育園の調査を念入りに行い、
栄養状態の管理を行っています。
現地の学校にあるメイズの在庫が減っていたり、
体重が大きく減っている子供たちも多くおり、
この時期は現地調査が特に重要となります。

特に重症な子供たちに対して、緊急の支援を行い、
せいぼは25kgのメイズ、料理油、パウダーミルク、
ダイズ、豆、パーラー、歯磨き粉、歯ブラシを提供し、
対処を行いました。

せいぼキッズの保護者会
せいぼは、支援先の子供たちの両親に対して、
家庭での子供たちのサポートなどについて、
保護者会で伝える会を実施しました。

2019年10月19日、「家庭内暴力の防止」をテーマに、
研修会を実施しました。
両親が子供たちが暴力を受けているサインを受け取り、
対応をするために必要なスキルなどについて、
共有をしました。

せいぼの保育園ディレクター会議

2019年11月1日、保育園の重役の皆さまと、
給食の在庫管理、子供たちの出席率の管理など、
徹底すべきことについて話し合いを持ちました。
こうした会議を開いた理由としては、
せいぼが支援をしていた
40校のうち、
2校が昨年末に閉鎖となり、
密な連絡を取ることが必要であることを、
肌で感じたことが挙げられます。
また、閉鎖となった学校に通っていた
数人の子供たちのために、
行き先を探すことも検討しています。

 
今回の主な出来事
せいぼキッズの栄養失調の子供たちに緊急支援を行いました。
約14,724人のマラウイの子供たちと4人の東京の子供たちが、給食支援を受けています。
10月に子供たちの成長調査委の実施、保育園のディレクターミーティング、ムジンバへの訪問を実施。
58人の子供たちが、せいぼキッズとして、無償で給食支援の対象となっています。
EO logo
EO logo
EO logo
東京の給食支援
私たちの使命は、世界中の子供たちに給食を届けることです。日本は、私たちが学校給食を届ける必要性をすぐに見いだせる場所ではないと考えていましたが、ある放課後に食事を提供している団体と出会い、日本にも、多くの子供たちが支援を必要としていることを感じました。せいぼの理事たちは、2019年より、日本の子供たちにも、日本のNGOとして、せいぼが支援を拡大することを決断しました。詳しくは、以下のページもご覧ください。
 www.seibojapan.or.jp/news
ムジンバの訪問
2019年11月5日~29日


  • 10月は13,276食を小学校の子供に提供。
  • 11月、12月は13,573食を小学校の子供に提供。



成長記録の実施



せいぼは、日本で登録をされたNGOであり、学校給食を世界中の子供たちに届け、
飢餓をなくすことを使命としています。
Email : info@seibojapan.or.jp     Phone : 090-3426-0734
東京都文京区後楽2-2-3-7宮田ビル4階B室
facebook facebook facebook facebook

This email was sent to *|EMAIL|*

why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences

*|LIST:ADDRESSLINE|*

*|REWARDS|*