ページトップへ戻る

子どもたちの笑顔を守るために
Feeding the Future
START!
子どもたちの笑顔を守るために
Feeding the Future
START!
せいぼじゃぱんについて
せいぼじゃぱんについて
せいぼじゃぱんについて
A simple daily meal for every hungry child
私達について

せいぼは、国際的な給食支援団体のNGOで、日本で活動をしている団体です。せいぼは、世界全体に影響を与えていく国際的な活動を先導していくことを目的としています。

どんな活動をしているか

現地と協定を組み、学校給食を導入しています。学校給食は、多くの利点をもたらしてくれます。例えば、教育、健康、姓の平等の推進、食品衛生の安全性、そして貧困の回避です。こうした多くの効果が、たった一食でもたらされるのは、学校給食の大きな特徴であり、利点です。

学校給食の持つ力

考えてみてください。世界中の子どもたちみんなが学校で給食が摂れている状況が実現できればどうでしょうか。そうすれば、最貧国に住んでいる人々の家にいる女の子が、給食を食べるために学校に行き、教育も受けることがで切るということです。女の子の教育をするということは、間接的にその次の世代の子どもたちを教育することになります。 みなさんもきっと同じように、学校で教育を受けてきたと思います。そしてそれは親御さんの支えがあってのことだと思います。そうした教育の姿は、全ての子どもたちに対して開かれているべきもので、そうあることが正しいことのように思います。全ての子どもたちには、生まれつき与えられた将来性があるからです。それは誰でも一緒のことです。

今の世界の現状

私たちの身の周りの世界では、必要以上と言っていいほどに、食べ物があふれています。しかしその一方で、毎日25,000人の子どもたちが、飢えや病気によって亡くなっています。こうした彼らの姿に対して、だれも責任を取ることがなく、目をそらしてしまえば、それで全てがなかったことになってしまうでしょう。私たちは、彼らの死が存在することが間違った状況であることは分かっているはずです。しかし、そう分かっていても、彼らの立場に立って考えようとまでは思うことがないのが現実です。つまり、「認識」は、「共感」に変わっていかないのです。  皆さんがもし、本当の意味で現状と向き合って生きていくことを望んでいらっしゃるのであれば、一人の個人、一人の人間として、こうした状況に関わってみることが必要だと思います。大きな組織の一員として、自分が何かできるかではありません。一人の人間として何ができるかを考えることが、こうした世界の現実に共感し、行動していくことに繋がると思います。もちろん、私たちは日々の生活をしていく上で、大きな組織の一員として働き、報酬を得て、その得たものによって生きているでしょう。しかし、自分の人生を豊かにし、独自のものとしていくのは、「何を得たか」ではなく、最終的には「何を与えたか」で決まっていくと思います。

せいぼの一員として何ができるか

せいぼは、チャリティーの団体です。私たちは、皆様からの寄付を頂いた場合、それを学校給食を必要としている場所に直接お送りしています。  資金を集めていくための活動を実際にしている中心地は、日本です。実は、日本は支援を受けた経験と行った経験の双方を持った、特徴的ともいえる国です。  日本でチャリティーを行うことには、多くの困難があります。せいぼとしては、日本でチャリティをやっていくためには、 "Doing Charity by Doing Business"、つまり「ビジネスの手法でチャリティを体現化する」ということが必要であり、それがチャリティをする上での使命であると考えております。ソーシャル・エンタープライズ(社会貢献型ビジネス)という形を通して、寄付を募っていくことで、多くの人々の心を動かし、その働きを大きくしていくことができると考えています。  私たちのあるドナー会社は、こうした社会貢献型のビジネスをしていくことを下支えしてくれています。私たちがその資本を、学校給食が必要な国に送ることで、価値をさらに高めていくことが条件で、こうしたビジネスが展開できます。私たちは、日本での活動、そして寄付者の皆様から得た寄付金の90%を学校給食が必要な国々に、その支援として送金しています。こうした仕組みによって、寄付金は社会貢献として、さらには世界全体の利益のために使われ、好循環が生まれています。だからこそ、何よりも欠かせないのは、皆さんの協力なのです。

何かを与えるということは、単なる寄付ではありません。
それは世界を変えていくことに繋がります。

せいぼに協力頂くことは、若く、将来のある生命の価値を考え、それらを救っていくことと同じです。さらには、給食支援、教育を通じて、彼らの命を救っていくことに繋がります。 私たちは、まずアフリカのマラウイでの給食支援を出発点としています。せいぼの支援者たちは、何百人ものマラウイに住んでいる、現地のボランティアの調理係のスタッフたちや、日本をはじめとして世界中のご寄付をしてくださっている方々を含んでいます。このように、様々の人々が、様々な形で支援をしてくださっています。支援の大きさは関係ありません。共感を持ち、関わってくださることが、とても大きな力になります。

「政府がどんな状態であれ、一人の子どもは、一人の子どもであることに変わりはありません。ある子どもが飢餓に陥っているという現実を前にして、何か頭を悩ませるような外交はいらないのです。必要なことは単純明快なことです。それは、人間が人間であり続けるためにはどうしたらいいかということについて問うことだけです。」 オードリー・ヘップバーン (彼女は、第二次世界大戦後の給食支援を受けた経験がある。)

より詳しい情報のために

・トップページのせいぼのニュースレターの定期受信登録をお願いします。
・フェイスブックページに「いいね」をお願いします。(https://www.facebook.com/seibojapan/

今すぐ支援する仕方

・お時間があるときにボランティアとして働く
・寄付をして頂く。
・せいぼスタッフを、講演に招いて頂く。

せいぼじゃぱんについて

せいぼじゃぱんからのお知らせ
せいぼじゃぱんからのお知らせ
  • イベント・講習会情報
    article
    9月23日、大森駅東口東口駅前広場で行われる多摩川マルシェに出店します! 時間は、10時から17時で...
    2017.09.21
  • お知らせ
    article
    皆さんご存知でしょうか? 日本は今、観光ブームを迎えています。2016年においては、2,000万人以...
    2017.09.15
  • お知らせ
    article
    マラウイ国タウィナ村に今すぐご支援を! マラウイのタウィナ村の住民が安全な飲料水へのアクセスを確保し...
    2017.09.14
  • お知らせ
    タウィナ保育園への支援を 1,000円の寄付をタウィナ保育園へ せいぼのニュースを読んで頂いている方は...
    2017.09.07
  • マラウイニュース
    ミスクの丘は、ムズズの都市部からは300キロ離れており、マラウイとタンザニアの境界線の近くに位置してい...
    2017.09.07
  • 活動報告
    2015年 マラウイ、アフリカ  洪水の被害、そしてそれに付随して起こってしまった飢餓の状態を目...
    2017.09.05
  • 活動報告
    せいぼ活動報告書07/08月号をお届けします! ...
    2017.09.01
  • お知らせ
    学校での子どもたちの栄養管理、健康について考える組織SHNの結成 私たちせいぼは、子どもたちに給食を...
    2017.09.01
記事一覧へ

せいぼじゃぱんからのつぶやき
せいぼじゃぱんからのつぶやき
facebook
instagram

Play is Fun- Bo! #Malawi #SayBo #HappyKids

せいぼじゃぱんさん(@seibojapan)が投稿した写真 -

twitter

コンテンツ
コンテンツ