All posts by Makoto Yamada

保育園の建設と保育士の支援
公開日:2021.10.19


今回の記事では、皆さんのご寄付が使用されている2つの事業について、ご紹介ができればと思います。
一つは、こちらの記事でもご紹介をさせて頂いている、保育園の保育士の皆様のトレーニングです。

もう一つは、以前ご紹介をさせて頂いたMakapwa幼稚園の建物の建設となっています。
せいぼは、給食支援に伴う教育支援として、教室の建設も、サポートすることとしています。

保育士のトレーニングについて
2019年、せいぼはMisuku CBCCとの提携を終了することになりましたが、その主な原因が、該当の保育園においてボランティアの保育士を見つけることができなかったことでした。現地のCBCCの多くはボランティアに支えられており、子供たちの教育は彼らの尽力度にかかっていることも多いです。

こうした経緯もあり、CBCCがある村の村長の皆さんなどにも協力を頂いた上で、できるだけの経済的支援もお願いしました。そして、せいぼも保育士のトレーニングに対して、さらに力を入れるようになりました。
せいぼのトレーニングを受けた保育士の方は、最低でも2年間保育士として働き、コミュニティのための模範となり、支えとなってもらうことになっています。こうした支援は、コロナウイルスの被害後に手薄になってしまったコミュニティの支援を実施することに繋がっています。そして、せいぼの目指している、全ての子供たちの学校給食を届けるという目標にも繋がっていきます。

マラウイの幼稚園建設支援
今回建設の支援をしているのは、Makapwa保育園です。
この保育園は、深い山間部にあり、30km程度歩かないと、人々の多くいる市場に出て、生産した作物などを売ることができません。
そして、その共同体の近くには、舗装された道路もなくアクセスが悪い状態です。

そんな中でも、人々は地元にある道具を使って、子供たちのための建物を建て、教室を作り、保育園を持っています。
しかし、十分な強度がないため、たびたび再建を繰り返していました。
コロナウイルスの被害がある中では、保育園の支援をしてくれていた農家も作物が売れず、閉鎖となってしまったり、ボランティアが1人にまで減ってしまったりする自体が起きてしまいました。

私たちせいぼは、既にご紹介をしたように、保育士のボランティアのトレーニングは実施しています。一方で、物理的な建物に関する支援も必要となっており、そのことで保育園が食事を保管したり、安定して子供たちを迎え入れられたりなど、活性化にも繋がります。

現在、実際にMakapwa CBCCの子供たちに対して、教室の建物を立てるための工事が始まっています。
現地からは、以下のような設計図が届いていて、終了時にイメージを少し与えてくれます。

せいぼは、学校給食支援団体ですが、食事を衛生的に届けることができ、その後安定した環境で学習ができる環境に対しても、同時に責任を感じています。
そのため、私たち子供たちが集中して学習できるための食事、そして教室という環境を与えるために、建物の建設を通しても、支援をしています。

皆さんが現在ご支援を頂いているおかげで、少しずつ作業が進んできています。
全体の工程が終了するまで、日本円で約120万円がかかる予定になっています。
皆さんと一緒に支援を続けていければと思います。

以上の二つの事業とも、マラウイの保育園、そしてその周りのコミュニティ全体を助ける大きな力になります。
皆さんのこれからのご支援も、お待ちしています!

ご支援は、こちらからも可能です。
引き続き、どうぞよろしく御願いします。

サレジオ学院:コーヒー販売についての発表
公開日:2021.09.21


横浜市の私立学校であるサレジオ学院様は、2020年9月からせいぼの寄付型コーヒー販売サイトのブランドであるWarm Hearts Coffee Clubとの連帯が始まり、定期的にマラウイのためにコーヒーを販売頂き、ご寄付をして下さっています。
サレジオ学院様は、国際理解、フェアトレードについての学び、マーケティングへの応用、ボランティア精神の育成などを含め、こうした取り組みを長期計画として実施されています。

そんな中で、サレジオ学院様は、渋谷教育学園渋谷高等学校様が主催している“Shibuya Olympiad in Liberal Arts 2021”に参加され、その企画の中の”Actions Not Words 2021″にて、SDGsに関する取り組みとして、マラウイコーヒー販売のプロジェクトを発表されました。
この渋谷教育学園渋谷高等学校様の取り組みは、「自考自調」という言葉をキーワードにされ、自分で考えて調べ、行動するという責任を持った人間を目指すというミッションのもと、行われています。
参画した学校は、どれも独自の取り組みを発表され、とても有意義なものでした。

サレジオ学院様も、せいぼのコーヒー事業が、支援企業のサポートによってマラウイに売り上げの100%が届く旨を触れ、さらにその販売を学校として協力することで、企業、NPO、学校協働を実現されるいる点に触れました。
今後も、サレジオ学院様の影響力を始めとして、多くの学校様がSGDsの学びを深め、具体的に実行する姿と、ご一緒できればと考えております。
今までのせいぼの学校との取り組みについて、こちらの記事もご覧ください。

これからも、サレジオ学院様、そして渋谷教育学園渋谷高等学校様を始めとした学校の皆様の取り組みを、陰ながら応援ができれば幸いです。
この度は、ありがとうございました!

日向学院とマラウイスタッフの交流
公開日:2021.09.20


せいぼの寄付型コーヒー販売のブランドであるWarm Hearts Coffee Clubのコーヒー販売を通して、学校給食支援に貢献を頂いている、宮崎県の日向学院様と、せいぼの現地スタッフが、オンラインで交流会を実施しました。
日本の宮崎県と、アフリカのマラウイがオンラインで繋がることは、とても画期的なことで、お互いにとても興奮し、貴重な時間となりました。

日向学院様は、2021年7月からコーヒーの販売を通して、フェアトレード、貧困問題などを学び、国際理解を深めるのと同時に、販売を通してプロジェクトを企画されることで、探求型学習を積まれてきました。
その結果、多くの寄付額も頂き、マラウイと日本の懸け橋となってくれています。
日向学院様のコーヒー販売については、こちらもご覧ください。

こうした学校の取り組みと、その後の現地の交流によって、日本とマラウイを繋ぎ、将来は現地に足を運んでくれる生徒さんもいらっしゃれば、とても嬉しいです。
せいぼのスタッフからも、「マラウイについて話題にしてくれる高校生がいることは、とても嬉しい」という言葉がありました。

これからも、一度の学習の機会の提供だけに留まらず、長期的な関係性を築き、お互いの成長を遂げていければと思います。
日向学院様の学校のウェブサイトのこちらからも、当日の様子を見て頂けます!

こうした探究学習にご興味のある方は、是非こちらからせいぼのスタッフまでご連絡ください!
皆さんのご一緒できるのを、楽しみにしております。

寄付ページリニューアル!
公開日:2021.09.09


寄付の決済ページが、2021年9月よりリニューアルとなりました!
皆さんのご支援も頂き、せいぼもここまで成長をしてきたおかげで、多くの方々がさらにご寄付しやすくなるように、工夫をさせて頂きました。
改めて、いつもご支援を頂き、ありがとうございます!

ご寄付のページは、こちらからご覧を頂くことが可能です。
また、外貨での寄付も可能になり、外国の方からのご支援も頂けるようになりました。
海外からせいぼを知った方、応援をしたいと考えて下さった方にも、ご寄付が頂けます!
アメリカドル、ユーロ、ポンドでのご支援が可能になっています。

引き続き、せいぼをどうぞよろしくお願いします!

テーブルクロス様の8月ご寄付
公開日:2021.09.03


せいぼじゃぱんのパートナー団体をご案内します。

パートナー企業・団体


2021年2月から、せいぼに対して学校給食支援を続けて下さっている、株式会社テーブルクロス様が、2021年8月の寄付金を通じて、11,054食分の寄付をご提供くださいました。
今回も、一般社団法人global construction union様、株式会社TonTon様からのご寄付が、株式会社テーブルクロス様のFood for Happinessプロジェクトを通じてせいぼに寄付されています。
今月も、本当にありがとうございました!

せいぼは、マラウイの様子をテーブルクロス様にご共有しながら、実際に現地でどのようにご支援が使用されているかをご報告しつつ、協働をさせて頂いております。
これからも、企業様と一緒に、マラウイの支援を拡大していければと思います。
テーブルクロス様のプロジェクトの詳細については、こちらからもご覧いただけます。

引き続き、どうぞよろしくお願いします!

静岡雙葉高校:エシカル消費フェアトレードキャンペーン
公開日:2021.08.30

静岡の私立高校である静岡雙葉高等学校様が、2021年8月17日、エシカル消費フェアトレードキャンペーンを開催され、マラウイコーヒーの販売を実施してくださいました!
前回は、「ふたばフェアトレードDAY」というイベントで、フェアトレードを考えるための題材として、マラウイコーヒーをご使用頂きました。
それに続いて、学校で好評を頂いたこともあり、8月も校内での販売を、生徒様が自ら企画し、実施されました。
約3,900食分の学校給食にあたる支援を頂きました!ありがとうございます!

私立学校様のこうした取り組みが、マラウイのことを若い学生の皆さんに知って頂けることに繋がり、生徒様の国際理解の学習だけではなく、マラウイの直接的な支援になることが、とても素晴らしいと思います。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
静岡雙葉様の取り組みの詳細は、こちらから!

コーヒーについての詳細は、こちらからご覧いただけます。

7月のマラウイの様子
公開日:2021.08.27


2021年8月、現地の7月の様子について、レポートが届きました。
皆様に、その内容について、ご報告ができればと思います。

7月のマラウイの状態
6月1日に、一度学校給食が再開されましたが、その後再び、コロナウイルスの影響があり、学校給食の各学校での提供は、中断となりました。
従って、その後は給食を家庭に持って帰ってもらうことによる提供に変更をしました。

一方で、多くの学校が、校内に既にせいぼの現地スタッフを通して提供した給食の在庫が残っており、衛生面も考え、それらを使用する必要がありました。
従って、7月15日~22日にかけて、在庫のある学校において食事を配布しました。
約64,475kgの配布ができ、対象者は12,600人ほどとなりました。
多くの子供たちに学校給食を分配でき、良かったと感じています。

現在の課題
各学校は、とても前向きに給食の分配に協力はしてくれますが、生徒に対する配分数の記録状態などが十分ではなく、管理が行き届いていない場合も多いことが分かりました。
また、学校のアクセスが難しく定期的な訪問が困難なところもあり、今後コミュニケ―ションの取り方を、検討していくことも大事だと考えています。

以上となります。
2020年より、コロナウイルスの影響で多くの課題がありますが、皆さんのご協力があり、現地スタッフは柔軟に対応ができています。
今後とも、皆さんの支援がとても重要な時期が続いていきます。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。
ご支援は、こちらから可能となっています!

テーブルクロス様のご支援
公開日:2021.08.02


株式会社テーブルクロス様は、Food for Happinessというプロジェクトによって、支援を必要としている世界中の子供たちに対して、学校給食を届けていらっしゃいます。
NPO法人せいぼは、そのプロジェクトのパートナーとして活動をさせて頂いていており、2021年7月も、5,830食分の支援を頂きました。
この度も、誠にありがとうございます!

1度で2つの支援ができるギフトボックス
株式会社テーブルクロス様は、ギフトボックス事業を展開されており、このボックスの中身は、地方の作物が入っており、多くの地方の産業を支援することができます。
それと同時に、そのギフトボックスの売り上げが、せいぼの学校給食にも繋がるという仕組みがあり、日本の産業と同時に、世界の飢餓を減らす貢献ができるものです。

マラウイの子供たちの支援を、こうした日本の支援との関連の中で行うことができていることに、とても感謝しています。

支援を頂いた企業様をご紹介
一般社団法人global construction union様が、このギフトボックスを全社員様に送るギフトとして採用をされたとのことで、NPO法人せいぼにも、多くの支援を頂くきっかけになりました。
一般社団法人 global construction union様は、社会貢献を目的として建設業を実施している団体様で、売り上げの一部を寄付にも充てていらっしゃいます。
この度は、誠にありがとうございました。

また、不動産、メディア業を実施されている株式会社TonTon様も、株式会社テーブルクロス様を通して、ご支援を頂きました。
この度は、学校給食1,000食分のご支援となりました!
本当にありがとうございました。
株式会社TonTon様は、コロナウイルスの緊急支援などへの寄付もされている社会貢献を積極的に実施されている会社様です。
以上の今回のご寄付について、株式会社テーブルクロス様は、こちらの記事にもまとめていらっしゃいます。

皆さんのご支援、ありがとうございます!
上記の会社様、そして何よりも株式会社テーブルクロス様のプロジェクトの結果、定期的に多くの支援が現地に実施できることを、とても嬉しく感じております。
現在、マラウイは、感染者が増えてしまい、多くの困難もありますが、現地スタッフはそんな中でも、食事の支援を継続しています。
最新のニュースは、こちらからも、更新していきます。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

日向学院のコーヒー販売
公開日:2021.07.27


宮崎県の日向学院高等学校様は、フェアトレードの仕組みや、
NPOの活動の姿を知り、具体的に関わりを通して学びを深める、
Your Bible Projectという企画から、せいぼのマラウイコーヒーの販売を、
実施して頂きました。

販売は、7月17日でしたら、多くの人々が購入をしてくれ、
さらに学校内の多くの先生、生徒の皆さんが一丸となって、
販売を行ったことで、とても有意義な日になったとのことでした。
販売によって、約18,000食分の学校給食分となりました!

多くの人にマラウイのことを知って頂けたこと、
そして学校でこうして活用が頂けたことに、とても喜びを感じています。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
日向学院様の詳細の活動は、こちらからもご覧いただけます。

コーヒーについて、ご注文は、こちらから!

Blue Yonder ジャパン様のコーヒー寄付
公開日:2021.07.26


東京都目黒区のBlue Yonderジャパン株式会社様は、
社員様のギフトとして、せいぼのマラウイコーヒーをご使用頂きました。
この度は、誠にありがとうございました!
約14,200食の現地の給食に相当をする寄付額を、今回のギフトでのご活用により、
頂くこととなりました。

こうして企業様が社員の皆様に対する贈り物として、
せいぼの寄付型マラウイコーヒーを使用頂くことで、
マラウイのことを日本で多くの方々に知って頂くことに繋がります。
そして、多くの方にチャリティに関わって頂くことになり、
大きな社会変革にも繋がっていきます。

Blue Yonder様のおかげで、企業様と連帯し、
コーヒーを活用させて頂く機会を頂くことができました。
改めて、ありがとうございました!
他の企業の方々に関しましても、お中元、お歳暮でのご利用、
ギフト、社内でのご使用について、ご入用でしたら、こちらからご相談を頂けます。

引き続き、どうぞよろしくお願いします!
コーヒーについて、ご注文、詳細情報はこちらから!

長野清泉女学院のコーヒー販売
公開日:2021.07.22

長野清泉女学院様は、7月9日~11日に学園祭を実施され、
マラウイのコーヒーの販売をして頂きました。
生徒さんたちは、授業でもせいぼのスタッフや、マラウイのブランタイアの職業訓練センターであるビーハイブのIT学校の先生と、オンラインでマラウイの話を聞き、現地への理解を深めていました。

また、学園祭でマラウイの基礎情報や教育について模造紙を使って展示し、コーヒーを販売されました。
こうした探究型の学習、そして実際に直接的な支援に繋がる働きが、高校生の主体的活動によって実現するのは、とても素晴らしいと思います!

販売による支援額は、学校給食約8,500食分になります。
これからも、学校の皆様とも協力して、マラウイの支援を促進していきます。
こちらから、さらに詳しく長野清泉女学院様の取り組みについて、見て頂くことができます。
長野清泉女学院の皆様、改めて本当にありがとうございました!

コーヒーについて、ご注文は、こちらから!

静岡雙葉高校からのご寄付
公開日:2021.07.12


静岡県の私立高校である静岡雙葉様から、マラウイのコーヒーの販売を通じて、
現地の学校給食で約3,300食分のご寄付を頂きました。
コーヒーの販売は、フェアトレードの探求型学習の一環として実施を頂き、
販売日当日は、校内で多くの人々が、マラウイ産のコーヒーのストーリー、
現地の学校給食支援の姿について、知って頂ける機会となりました。
当日の静岡雙葉様のご販売の様子は、こちらからもご覧いただけます。

今後も、こうした学校の皆様とともに、マラウイの支援を拡大すると同時に、
学校の皆様により良い学習の場をご提供できればと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いします!