All posts by Makoto Yamada

日向学院のコーヒー販売
公開日:2021.07.27


宮崎県の日向学院高等学校様は、フェアトレードの仕組みや、
NPOの活動の姿を知り、具体的に関わりを通して学びを深める、
Your Bible Projectという企画から、せいぼのマラウイコーヒーの販売を、
実施して頂きました。

販売は、7月17日でしたら、多くの人々が購入をしてくれ、
さらに学校内の多くの先生、生徒の皆さんが一丸となって、
販売を行ったことで、とても有意義な日になったとのことでした。
販売によって、約18,000食分の学校給食分となりました!

多くの人にマラウイのことを知って頂けたこと、
そして学校でこうして活用が頂けたことに、とても喜びを感じています。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
日向学院様の詳細の活動は、こちらからもご覧いただけます。

コーヒーについて、ご注文は、こちらから!

Blue Yonder ジャパン様のコーヒー寄付
公開日:2021.07.26


東京都目黒区のBlue Yonderジャパン株式会社様は、
社員様のギフトとして、せいぼのマラウイコーヒーをご使用頂きました。
この度は、誠にありがとうございました!
約14,200食の現地の給食に相当をする寄付額を、今回のギフトでのご活用により、
頂くこととなりました。

こうして企業様が社員の皆様に対する贈り物として、
せいぼの寄付型マラウイコーヒーを使用頂くことで、
マラウイのことを日本で多くの方々に知って頂くことに繋がります。
そして、多くの方にチャリティに関わって頂くことになり、
大きな社会変革にも繋がっていきます。

Blue Yonder様のおかげで、企業様と連帯し、
コーヒーを活用させて頂く機会を頂くことができました。
改めて、ありがとうございました!
他の企業の方々に関しましても、お中元、お歳暮でのご利用、
ギフト、社内でのご使用について、ご入用でしたら、こちらからご相談を頂けます。

引き続き、どうぞよろしくお願いします!
コーヒーについて、ご注文、詳細情報はこちらから!

静岡雙葉高校からのご寄付
公開日:2021.07.12


静岡県の私立高校である静岡雙葉様から、マラウイのコーヒーの販売を通じて、
現地の学校給食で約3,300食分のご寄付を頂きました。
コーヒーの販売は、フェアトレードの探求型学習の一環として実施を頂き、
販売日当日は、校内で多くの人々が、マラウイ産のコーヒーのストーリー、
現地の学校給食支援の姿について、知って頂ける機会となりました。
当日の静岡雙葉様のご販売の様子は、こちらからもご覧いただけます。

今後も、こうした学校の皆様とともに、マラウイの支援を拡大すると同時に、
学校の皆様により良い学習の場をご提供できればと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いします!

テラコヤプラス様への掲載
公開日:2021.07.06


塾などの教育関連の情報を掲載されているテラコヤプラス様に、せいぼの活動について掲載を頂きました。
記事は、こちらからご覧いただけます。

せいぼは現在、オンラインの講演会や、マラウイコーヒーの販売を通して探求型学習を
私立学校様と行うなどの活動を実施しており、
教育関連の活動について、記事内ではご紹介しております。
また、支援企業の英国企業Mobellが実施しているオンライン留学についてもご紹介し、
マラウイ、イギリス、ポーランドからお送りするオンライン留学も、
皆さんに知って頂ければと考えております!
オンライン留学については、こちらからご覧いただけます。

せいぼは、こうして教育関連のウェブサイトや学校の皆さんに、
少しずつ活動を取り挙げて頂けるようになり、マラウイの現状、
学校給食の力についても、お話しするチャンスが増えました。
そして、そのチャリティをビジネスの手法で実施するモデルを、
多くの学校などに共有をしています。
こちらから、イベントや講演会の情報を、見て頂けます。

引き続き、どうぞよろしくお願いします!

シャリオン- マラウイを笑顔に!
公開日:2021.06.09


社会貢献型のグルメアプリを展開している株式会社テーブルクロス様のご紹介で、
最先端の歯のオーラルケア製品サービスを展開する株式会社シャリオン様より、
ご寄付を頂きました。マラウイでの学校給食に換算すると、
12,000食分の寄付となっています。
詳しくは、こちらからも、ご覧頂けます。
株式会社シャリオン様は、全国の日本の子供たちに対して、正しい歯磨きの仕方や、
予防医科の意識を高める活動をしていらっしゃいます。

また、海外に対しても、歯ブラシなどを送るなど、子供たちの支援を実施されています。
今後も、多くの企業の皆様とともに、マラウイの支援を拡大で切ればと思います。

企業様のご支援!
公開日:2021.06.04

企業様のご支援

2021年6月1日、せいぼは株式会社テーブルクロス様より、
学校給食10,000食分にあたるご支援を頂きました!
誠にありがとうございました。

株式会社テーブルクロス様は、国際的な社会貢献型のサービスや、
アプリを開発、運用されている会社です。
「食を通じて幸せを広げる」として、せいぼとともに、
SDGsの事業にも取り組んでいらっしゃいます。
こちらから、事業についても、ご覧ください。

また、BYFOOD.COMというアプリでは、日本のグルメについて知り、
お店の予約もできますが、各予約からの利益の一部を、
支援を必要とする子どもたちのために寄付されます。
マラウイの子供たちに対して、現在支援を頂いています!
サービスは、こちらから!

6月1日は、「国際子どもの日」とされていて、
世界の40ヵ国以上が、子供たちの人権、福祉について考える日です。
せいぼも、株式会社テーブルクロス様のおかげで、
マラウイの子供たちのための支援を広げることができます!

現在のマラウイ
5月24日から学校の再開を受け、学校給食を子供たちに届け、
せいぼも本来の活動が活発になってきました。
共同体のボランティアが主体で行っているCBCCの運営も、
少しずつ活性化してきています。

こうした中で、企業様からのご支援が頂けることは、
マラウイのさらなる成長に繋がっていきます。
企業様のご支援に関しては、こちらからもご覧ください。

上智大学 : 社会貢献推進委員会での講演
公開日:2021.05.31


2021年5月30日、せいぼは上智の社会貢献推進委員会の一員として、
オンライン講演会を実施しました。
内容は、マラウイでの給食支援の姿、コロナウイルス中の支援、
そして日本での支援の実施方法についてでした。

日本での支援の広げ方に関しては、コーヒーの販売による寄付の収集や、
英国企業モベルとの連携によるソーシャルビジネスの姿など、
様々な点を、参加者の方と共有をさせて頂きました。

コーヒーを定期購買頂いている方のご参加などもあり、
普段の寄付者の方とのコミュニケーションの場ともなりました。
この度は、本当にありがとうございました。
引き続き、どうぞよろしくお願いします!

津田塾大学 : Tsuda Outreach様の講演会
公開日:2021.05.25

津田塾大学の皆様との講演会

2021年5月25日、東京都の私立大学の津田塾大学の学生団体、
Tsuda Outreach様のオンラインイベントに出席しました。
こちらでは、せいぼのソーシャルビジネスの部分についてや、
寄付型コーヒーとして扱っているマラウイ産コーヒーをご紹介し、
学生の皆様、一般参加の皆様とともに、充実した時間を過ごさせて頂きました。

せいぼは、オンラインでの講演会で、マラウイについて、
日本での活動についてお話をさせて頂く機会をご提供しています。
お問い合わせは、こちらからも、受け付けております。

長野清泉女学院様での講演
公開日:2021.05.07


2021年5月6日、長野県長野市の長野清泉女学院様の授業にて、
マラウイってどんな国か、どんな暮らしをしているのかについて、
お話をさせて頂きました。

同校の社会福祉部の活動では、
現在、学校内でせいぼのブランドであるWarm Hearts Coffee Clubの
コーヒーもご紹介頂いており、フェアトレードについても、
理解を深める学習をされています。
こうした国際協力、多文化理解に力を入れていらっしゃる長野清泉女学院様と、
マラウイのお話ができることは、とても光栄です。

これからも、社会福祉部の皆さま、学校のご関係者の方々と共に、
授業を進めていきます。

せいぼは学校の国際理解の教材、社会的企業、NPOの活動の具体例として、
ご活用を頂いております。
ご興味のある方は、こちらからも、ご連絡が可能です。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

ソフィア会オンライン物産展の出展
公開日:2021.05.01


2021年5月の期間中、上智大学のソフィア会様の企画されている
オンライン物産展に出品をさせて頂きました。
せいぼは、給食支援を広めるため、コーヒーの事業をご紹介し、
マラウイコーヒーで出品をさせて頂きました。
サイトは、こちらから、ご覧いただけます。
(2021年5月31日にて、企画は終了しております)

その結果、コーヒーのご注文に加え、現地の1年分の学校給食分を、
寄付頂ける方々もいらっしゃり、とても大きな力になりました。
この度は、本当にありがとうございました。

これからも、せいぼは多くの人々とともに、
マラウイの学校給食支援を続けていきます。

日本の子供たちの給食支援レポート:2021年3月
公開日:2021.03.29


せいぼが支援をしている、東京郊外の子供たちの支援活動を実施する団体から、
活動レポートが届きました。

現在の東京の様子
2021年3月21日まで、日本は緊急事態宣言下となっていました。
せいぼが支援をしている東京都北区赤羽付近の子供たちと、
その家族の皆さんも、できるだけ外出を避け、生活をしています。

日本では、昨年2020年3月とは異なり、多くの学校が生徒に登校をさせ、
通常通り、学校での生活ができている子供たちが多い状態です。
しかし、中には学校を休まなくてはいけないケースもあります。
例えば、校内で感染者が出たり、身近な人で濃厚接触者が出た場合は、
自宅に待機が必要となっています。
また、部活動やイベントなど、今までできていた活動も、制限されています。

子ども達の様子
幸い、該当の団体の支援プロジェクトに参加している家族の皆さんは、
緊急事態宣言下も学校に通い、
給食も食べることができているため、昼食はしっかり摂れています。
また、ハッピーハウスの支えや、ご家族の努力により、
3食をしっかり摂れているという家族がほとんどでした。

家庭への食事の分配
東京郊外では、1か月に一度、寄付で頂いたものや、団体内で調達したものを、
整理、配分をし、各家庭に届けています。
主食であるお米、野菜、お肉、調味料、レトルト食品、
そして子どもたちが大好きなお菓子もお渡しすることができました!

今後の予定
緊急事態宣言が明けたら、少しずつ活動を再開していく予定となっています。
スタッフと子どもたちの安全のため時短と消毒、
そしてお互いの距離をとりながらですが、食事と交流の機会を考えていきます。
3 月は進級の季節で 3 人の子どもたちが小学校を卒業し、
新たな生活が始まります。

ささやかでも気持ちを込めた卒業お祝い会も計画しています。
せいぼの寄付によって、プロジェクトで使用するお部屋の管理費も、
支払えているとのことです。
この度は、困難の中でも、良いニュースを聞くことができ、本当に良かったです!

サレジオ学院様のコーヒー販売
公開日:2021.03.23


2020年3月17日、横浜のサレジオ学院様は、2回目のマラウイコーヒー販売を、
校内で実施頂きました。
この度も、本当にありがとうございました。

サレジオ学院様は、2021年1月に2回目の販売を検討しておりましたが、
緊急事態宣言を受け、3月に延期をされました。

こうした不安定な時期にも関わらず、フェアトレードコーヒー販売企画として、
学校全体で応援を頂き、カトリック研究会の活動として実施頂けている旨、
本当に感謝しております。

活動の目的と実り
カトリック研究会の皆様は、以下を目的に掲げ、実施をしてくれております。

・フェアトレードの普及
・マラウイの子どもたちの支援
・ボランティア精神を広げる

今回の3月の活動は、中学生がリーダーになって実施をしてくれました。
その結果、現地の学校給食の11,250食分の支援を頂きました!
ただボランティアに参加するだけではなく、自ら企画し、商品を決め、
販売という行動をし、経済的な効果を生みだす活動は、
中学生としては、素晴らしい実行力だと思います。

次回以降について
サレジオ学院様は、今後も継続的に、フェアトレード企画として、
この販売を継続頂けるとのことです。
さらには、宮﨑県の日向学院様にも、その活動が伝わり、
日向学院様も、今年はコーヒーの販売を実施されます。
せいぼは、マラウイ産のコーヒーについて、オンラインでお話しする時間を設け、
生徒の皆さんと企画について話し合う時間も設けました。

マラウイ産のコーヒーを通して、学校の皆様の学びに繋がり、
そしてそれが現地の支援に繋がるというサイクルを作れていることは、
とても大きな実りだと思います。
今後も、学校様と協力して、マラウイのストーリー、
そしてサレジオ学院様が「ボランティア精神を広める」とおっしゃっているように、
私たちもチャリティを広めることができるよう、努力していきます!