ページトップへ戻る

今すぐ支援
今すぐ支援
1日60円が1人分の給食費になります。たくさんの貧しい子ども達が、将来への夢を抱けるように・・・一緒にプロジェクトを進めて行きましょう。

子ども達はお腹が減っているとは言いません。なぜなら食べる物がない事を彼らなりに知っているから言わないのです。
保育園から始まる私達のプロジェクトは、小学校への給食支援へと繋がっていきます。
食事を食べられなければ集中して学ぶ事も出来ず、子ども達は将来への夢を抱く事も出来ません。毎日の食事を食べる事の出来ない子ども達をなくす為にどうか私達と一緒にプロジェクトを進めて頂けませんか。

15円で1人分の1日の給食費、3000円で1人分の1年間の給食費となります。
募金する
「ずっと応援」は、毎月決まった寄付額で支援していただく、クレジットカードによる応援方法です。
募金する
「今のみ支援」は、指定した寄付額で支援していただく、クレジットカードによる1回のみの応援方法です。
募金する
「口座振替」は、毎月決まった寄付額で支援していただく、銀行口座振替による応援方法です。
募金する
せいぼじゃぱんでは、銀行振込・現金書留によるご支援も
承っております。
マラウイの子ども10人のうちおよそ
5人が発育阻害となっています。
発育阻害とは…慢性的な栄養摂取不良によって身長が伸びていない事です。発育阻害は、生後1,000日間に適切な栄養が与えられずに、慢性的な栄養欠乏に陥る事で引き起こされ、その影響は一生涯続きます。身体及び精神の発達を阻害し、学校の成績にも影響し、そのために大人になってからの収入が低下する場合が多いのです。発育阻害の影響が一生涯続くなんて悲しすぎます。(出典元:WFP 2014)
50
発育阻害になる確率
1.9
1日の生活費
世界の約5人にひとりが1日1.90米ドル未満で生活しています。
貧困の定義としてよく使われるのは、世界銀行の1日1,90米ドル未満で暮らす人の比率で、国際貧困ラインとも呼ばれています。根強い貧困から、生きていくうえで最低限必要な食糧さえ確保できず、学習する機会のない子どもがたくさんいます。それは人間の緊急事態です。
(出典元:世界銀行 2015)
世界では5秒ごとに子どもがなくなっています。
世界では、5秒ごとに、子どもが飢えによってなくなっています。それは、1日に14,000人の子どもがなくなっているという事でもあります。飢えに苦しむ子どもにどうか目を向けて下さい。
(出典元:国境なき医師団)
5
子供が亡くなる頻度
5
子ども1000人のうち64人
マラウイの子ども1000人のうち64人が
5歳の誕生日を迎えられません。
主な死亡原因として、肺炎、下痢、マラリア、周産期の問題(早産や合併症、分娩時の問題)があります。肺炎、下痢、マラリア、栄養不良は、早期に医療機関を受診し、適切な治療が受けられれば、助かる疾患です。病院に行くのが遅かったり、病院に行っても適切な診断や治療が受けられない事もあり、子どもがなくなっています。助かる可能性があるのに、なくなってしまうなんて切なすぎます。
(出典元:世界銀行 2015)
募金する